ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harumie:harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ALVIN AND THE CHIPMUNKS

c0225849_14462462.jpg

*最近、お気に入りの癒される映画。ジブリでも、ディズニーでも、ピクサーでもなく、20世紀FOXが作った「アルビン/歌うシマリス3兄弟」(笑)。単純なストーリーですが、彼らが歌い動き回る仕草が可愛くてタマランのです。実は彼らの歴史は古く、1958年に「アルビンとチップマンクス」というタイトルの人形劇が始まりで、シンガーとしても活動し、ヒット曲連発のグラミー賞まで獲得しているという経歴も。その後、TVアニメ化され、2007年に実写とアニメ融合の劇場版リメイクされたのが本作。そして2009年に2作目「アルビン2 シマリス3兄弟 vs. 3姉妹」、ただし残念な事に日本劇場公開されずDVDスルーという結果、、、。今年の年末に3作目3Dが米公開なのだけど日本でも劇場公開して欲しいゎノД`。とにかく、疲れた時にはアルビン達に会うと吹き飛びます。


[PR]
by harusfactory | 2011-05-21 15:21

Karel Zeman Ⅱ

c0225849_912660.jpg


*Karel Zeman(1910-1989):チェコスロバキアのアニメーション創設者の巨匠の一人、作風はパペットや切り絵、ガラスなどそのアニメーション表現は多岐にわたります。そしてアニメーションの方法と体験を特撮に活かし、独特の味わい深い映像を作り上げています。

*実を言うと、彼の作品をマトモに観た事がなくて、動画サイトなどで少し触れた程度。でもそれだけでも充分虜になりました。更にゼマンが手掛けた「ほら男爵の冒険」ではギュスターブ・ドレの挿絵が背景に使われていたり、遊び心もイマジネーションもとても豊か。そしてテリー・ギリアム監督の「バロン」もインスパイアされているんですよね。もう自分の好みのものが連鎖されていると思うとドキドキしちゃいますw


c0225849_9381740.jpg

c0225849_101418.jpg


*↑ドレの挿絵を使った場面、モノクロもほら男爵の一場面ですが、チェコの人形劇の舞台のようなセット。

*去年発売された、ゼマンのパーフェクトDVDBOXをやっと注文したのだけど入荷待ち。
 うーん待ち遠しいけど、その分も楽しみながら、観れる日の歓びを味わえるだけでも幸せかもw

*一番上の画像は「水玉の幻想」より一部分。
 チェコの工芸品のガラスの人形を使ったストップモーションアニメ。
 踊り子とピエロの悲恋を詩的に描いた短編です。コレも凄く観たい!


c0225849_1012699.jpg



「カレル・ゼマン パーフェクトDVDBOX」c0225849_10183644.jpg

*収録内容
disc1. クラバート(1977年/73分/カラー)
     クリスマスの夢(1945年/7分/白黒)
disc2. ホンジークとマジェンカ(1980年/66分/カラー)
     ハムスター、幸運の蹉跌(1946年/13分/白黒)
disc3. 前世紀探検(1955年/93分/カラー)
     プロコウク氏、家作りの巻(1947年/7分/白黒)
disc4. 彗星に乗って(1970年/74分/カラー)
     プロコウク氏、映画製作の巻(1947年/8分/白黒)
disc5. 鳥の島の財宝(1952年/73分/カラー)
     王様の耳はロバの耳(1950年/30分/カラー)
disc6. シンドバッドの冒険(1974年/94分/カラー)
     プロコウク氏、靴屋はいやだの巻(1947年/7分/白黒)
disc7. 狂気のクロニクル(1964年/82分/カラー)
     プロコウク氏、発明の巻(1947年/9分/白黒)
disc8. カレル・ゼマンと子供たち(1981年/17分/カラー)
disc9. 悪魔の発明(1958年/82分/カラー)
disc10.ほら男爵の冒険(1961年/83分/カラー)

[PR]
by harusfactory | 2011-05-14 10:25

Karel Zeman

c0225849_10285075.jpg

カレル・ゼマン展:渋谷区立松涛美術館 6/14-7/24

*チェコ・アニメの巨匠生誕100年記念して日本初の回顧展が去年から始まり、やっと東京での開催。
 これは見逃せないのだわ!

[PR]
by harusfactory | 2011-05-13 10:34 | Exhibition