ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harumie:harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

François Boucher:Cupid

c0225849_11314543.jpg

*国立新美術館で開催中の「エルミタージュ美術館展」に行って来ました。

*16世紀のルネッサンス、17世紀のバロック、18世紀のロココと新古典派、19世紀ロマン派からポスト印象派、20世紀は今回の目玉、マティスとその周辺のアヴァンギャルド、と部屋ごとに作品が分かれて、その時代を代表するコレクションが並んでいました。そして世紀ごとに色分けされた壁紙の演出も素敵でした。

*そのどれも素晴らしいものばかりですが、特に印象に残ったのが、18世紀ロココの画家・フランソワ・ブーシェが描く「クピド(詩の寓意)」です。柔らかな曲線、淡いパステル調の色合いは優美であると共に幸福感も味わえ癒されます。

[PR]
by harusfactory | 2012-06-12 11:43