ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

collage broach:PINK&BLACK

c0225849_1484883.jpg

*先日作ったモチーフを使ってコラージュ・ブローチ。
[PR]
by harusfactory | 2012-05-29 14:10 | Gallery

LE CHATNOIR

c0225849_9183899.jpg

*画像:テオフィル=アレクサンドル・スタンラン
 「シャ・ノワール」一座近日来演のポスター(1896)


c0225849_921144.jpg

*八王子夢美術館:陶酔のパリ・モンマルトル1880-1910
 
*ベル・エポックな芸術の都パリが華やかに成熟した頃、モンマルトルに「シャ・ノワール」(黒猫)という一軒のキャバレーがオープンし、芸能・娯楽で人気の社交場になったお店。作曲家のドビュッシーやサティ、建築家のエッフェル、詩人のヴェルレーヌ、小説家のゾラ、画家のロートレックらが足繁く通い、芸術家や若者たちが刺激を求める場となっていった。

*この店が賑わう理由に、店主のロドルフ・サリスの戦略で、詩人のエミール・グドーと図り、セーヌ左岸、カルチェ・ラタンで萌芽したカフェの若者文化「アンコエラン(支離滅裂な人々)」「フュミスト(冗談好き)」と称する者たちが繰り広げた反芸術的な活動を右岸のモンマルトルに流入させて人々の興味を惹きつけたのです。彼らの風刺やユーモアに満ちた行為や作品は、言葉やイメージによる掛け合いからなるもので、20世紀のダダやシュルレアリスム、更にはコンセプチュアル・アートをも先取りするものでもありました。

*展示物は「キャバレー文化と娯楽」という視点で、ポスター、絵画、版画、出版物、影絵芝居等で紹介されていました。濃い展示内容で芸術家や庶民の大衆文化に触れられ堪能できました。




*今後の八王子夢美術館のラインナップの気になる催し。

*「オールドノリタケの中の女性たち」9/14-11/11
 アール・デコ期の華麗な世界と、
 当時のファッション誌に見られる女性たちを描いた
 絵皿やフィギュアも展示。

*「大正ロマン昭和モダン展」2013.2/1-3/24
 竹久夢二や高畠華宵、中原淳一など、当時を代表する画家たちの
 挿画、日本画、版画、装丁本などを展示。

*もう、要チェックなのだゎ。

[PR]
by harusfactory | 2012-05-26 09:25 | Exhibition

annular eclipse

c0225849_16365545.jpg

*本日の金環日食をイメージして、Louis Icartのイラストです。
[PR]
by harusfactory | 2012-05-21 16:44 | Painter