ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

coior image

c0225849_1617449.jpg


*images from:flickr
[PR]
by harusfactory | 2010-09-28 16:20 | inspiration

images

c0225849_1134187.jpg


*images from:Overseas blog
[PR]
by harusfactory | 2010-09-26 11:05 | inspiration
c0225849_1414721.jpg


*エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン。18世紀で最も有名なフランス人女流画家、あのマリー・アントワネットの肖像画を手掛けたとしても有名ですよね。王族や貴族の肖像画を多数描き、風景画も多数残しています。そして1970年代にフィレンツェで描かれた彼女自身の優雅な自画像が、東郷青児美術館「ウフィツィ美術館/自画像コレクション」展にて観られます。開催中に観に行かなきゃ。2010.9/11-11/14まで。
[PR]
by harusfactory | 2010-09-19 14:10 | Painter

OBI-DOME

c0225849_12234226.jpg


*和装小物を作ってみました。40×30ミリの大きさの帯留めです。
 現代物SWとビィンテージを程よく混ぜてみました。

[PR]
by harusfactory | 2010-09-11 12:26 | Gallery

become autumn

c0225849_1127285.jpg


*数年前に作った和風なリングです。着物に合わせてみたくて作ってみました。



 早く秋が来ないかな、、、
 もう熱帯夜はこりごりですorz

 ひとりごちてしまいましたッ

[PR]
by harusfactory | 2010-09-03 10:23 | Gallery

ISSON TANAKA

c0225849_1747412.jpg


千葉市美術館の開館15周年記念で千葉に縁のある、田中一村の展覧会が開かれました。「新たなる全貌」の通り、2004年の回顧展「奄美を描いた画家 田中一村展」では130点ほどの作品を観る事が出来ましたが、今回はそれを上回る約250点の展示内容で、その中にはスケッチや画材道具、一村自らが撮った写真なども含めてですが、一村縁の地の美術館が共同で本格的に取り組み、近年の調査で発見された未発表作と多くの資料も観る事が出来る回顧展になっております。かなり、かなーーり充実し濃ゆいものとなっておりました!目頭が熱くなる素晴らしい展覧会ですッ。

展示の流れとしては、絵を描き始め神童と呼ばれたほどの頭角を現した「東京時代」。その後、千葉へ移り住み自身の絵の改革・模索をしていた「千葉時代」。覚悟を決めて奄美に移り住んだ「奄美時代」と、画家が歩んできた足跡を辿るような構成になってます。

生前の手紙で「常に飢に驅り立てられて心にもない繪をパンのために描き稀に良心的に描いたものは却って批難された。」とありました。中央画壇から受け容れられず、自らも中央から遠ざかり、それでも絵に対する情熱は歳を追うごとに高まるばかりの一村は、生涯最期の絵を描く為に奄美へ渡り、制作資金を紬工場で働いて貯めては制作に専念しの繰り返しで、絵を描くためにギリギリの生活をしていました。

1977年9月11日、夕食の支度中に心不全で倒れ、床には刻んだ野菜の入ったボールが転がっていたという。翌日近所の人に発見され、生涯独身だったので誰にも看取られずの最期でした。享年六十九歳。

生前こうも言っていたとう話があります。「70歳になったら展覧会を開きたい」とも、、、。生活は貧しくても奄美での充実感が感じられるひと言のような気がします。それを思うと無念のような気もしますが、人生最期はのびのびと絵が描けたので幸せだったのではないでしょうか、、、。そう思いたいです。

ワタシ的には画家の絵に対する心情も含めながら追う事の出来る展覧会となりました。千葉市美術館では8/21~9/26まで、その後、鹿児島、奄美で開催されるそうです。こんなに充実した展覧会は滅多にないので開催中また足を運びたいと思ってます。だって奄美まで行く手間を考えたら、って言う母(静岡から来訪)と一緒に行ってきましたw


今回、ワタシ的に一番印象に残ったもの。
初公開の「芍薬図」の一枚。 (↑画像)
千葉で模索中の一作とされて制作年がわかりません。
実物の迫力が画像から伝わるかわかりませんが、、、

萌えるような花弁の筆使いに「神」を感じました*´Д`*ヤバス



もう、他の作品も神がかりな的なものばかりなんだけどねw

食べる為とは言え、素晴らしい襖絵も沢山残していて、
意にそぐわないと言え、手は抜かない。

うっとり魅入ってしまうのだけど泣けてくる。




c0225849_17591740.jpg

*奄美時代の代表作「ビロウとアカショウビン」
[PR]
by harusfactory | 2010-09-01 18:09 | Exhibition