ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Painter( 41 )

Babara Cooney:The Donkey Prince

c0225849_14583939.jpg

c0225849_1459363.jpg

*グリム童話より「ロバのおうじ」文・M.ジーン・クレイグ/絵・バーバラ・クーニー
*先日、古本屋で見つけた一冊の絵本に釘付けになりました。

*M.ジーン・クレイグによる再話:あらすじ。

 平和な国を治めている、お金の好きな王様と、着飾ることが好きなお妃様がいました。

 なに不自由なく暮らしていましたが、ひとつだけ手に入らないものが子供でした。

 二人は森に住む魔法使いに頼んで子どもを授かる呪文をかけてもらうのですが、

 お礼の金貨33袋が惜しくなった王様が金貨の中に鉛を混ぜてしまいます。

 怒った魔法使いは子どもがロバの姿で生まれてくる呪文をかけてしまいました。

 望まれて生まれたはずなのに、両親から疎まれて育つロバのおうじさま。

 子としての資質と教養を身につけながら、両親に疎まれ周りの人達にも侮られていました。

 れでも耐えて過ごしていた王子でしたが、ある日、旅人のリュート弾きから

 リュートの弾き方を習います。みるみる上達し、歌も自分で作りました。

 のに、どんなに努力しても親に顧みられることはないと気づいた時、城を後にし旅に出ます。

 そして、ある国の王様とお姫様に、リュートと歌が大変気に入られ幸せな日々を過ごします。

 やがてお姫様に求婚者が現れ、ロバのおうじは身を引こうと城を出る決心をします。

 すると、お姫様が、自分が本当に愛しているのはロバのおうじと告白し、魔法使いの呪が解け、

 美しい青年の姿になってお姫様と結婚し、沢山の子供たちに恵まれて幸せになるのでした。


 めでたしめでたしなお話ですが、冒頭の理不尽さはかなり切ないです。

 疎まれ、侮られても、健気で謙虚で勤勉なおうじが素敵でした。

 外見よりも中身の素晴らしさを重視するお姫さまも素敵です。

 こんな二人が幸せになれないハズがありませんね。

 朗らかな気持ちになれる物語にバーバラ・クーニー描く挿絵がマッチしている素敵絵本でした。



 同じグリムの「蛙の王さま」に似たお話だけど、こっちの方が断然好きだ。

[PR]
by harusfactory | 2013-01-19 15:20 | Painter

koji fukiya:the little mermaid

c0225849_147429.jpg

c0225849_13575279.jpg

*蕗谷虹児(1898-1979)画家・詩人:『少女画報』で挿絵画家デビュー、大正から昭和にかけて活躍した。
 竹久夢二と並び少女文化を花開かせた人物といっても過言ではない。

[PR]
by harusfactory | 2013-01-15 14:07 | Painter

Itsuko Azuma:The Little Mermaid

c0225849_1572262.jpg

c0225849_1575077.jpg

*1996年小学館:おはなし名作編―アンデルセン (21世紀幼稚園百科)より東逸子挿絵の人魚姫。
[PR]
by harusfactory | 2013-01-14 15:13 | Painter

Rene Gruau

c0225849_11352575.png

*ルネ・グリュオー(1910-2004):フランスのイラストレーター。雑誌「ヴォーグ」やDiorの広告イラストなどで活躍。20世紀のロートレックという感じで、流麗で大胆な線と洗練された構図はレトロモダンでありつつも魅力溢れるものばかり。とにかく簡潔な構図に含まれる色香と美しさと格好よさと素敵エッセンスが凝縮されドラマチック。

c0225849_11434449.jpg

c0225849_11435548.jpg

c0225849_11441055.jpg

[PR]
by harusfactory | 2012-10-02 11:45 | Painter
c0225849_1175268.jpg
c0225849_118354.jpg

*Charles Robinson:チャールズ・ロビンソンによる「不思議の国のアリス」の挿絵より。
*20世紀初頭に活躍した挿絵画家兄弟の次男です。
 先日エントリーしたウィリアム・ヒース・ロビンソンは三男なのでした。
*今度は長男トーマスの挿絵もそのうち、、、。

[PR]
by harusfactory | 2012-09-21 11:15 | Painter

W. Heath Robinson

c0225849_1163159.jpg

*“The Wild Swans” by W. Heath Robinson (1913)
*ウィリアム・ヒース・ロビンソン(1872-1944)英国の挿絵画家、ロビンソン兄弟の長男。
*アンデルセン童話の「野の白鳥」もしくは「白鳥の王子」の挿絵、1913年頃の作品みたいです。画集『白雪姫幻想』に収録されている「薔薇の午後」を彷彿させるイラスト。あと『星の時計のLiddell』の中で薔薇の茂みに現れるリデルの描写とか、、、。


*青空文庫「野の白鳥」http://www.aozora.gr.jp/cards/000019/files/42384_21526.html
[PR]
by harusfactory | 2012-09-18 11:06 | Painter

juan gatti:La piel que habito

c0225849_11391278.jpg

*先日、二番館落ちでペドロ・アルモドバルの新作「私の、生きる肌」を観賞してきた。究極のお仕置き映画と言うべきか、衝撃度高し、でも今までのアルモドバル作品の中で最高傑作まではいかなかった。やっぱワタシの中ではまだ「トーク・トゥ・ハー」が一番なんですよw

*juan gatti:80年代後半からアルモドバル映画のグラフィックコンテンツ担当のjuan gattiの描く人体解剖図とボタニカルアートの組み合わせが素晴らしい「自然科学」シリーズのイラストレーションとの見事なコラボにもなっている。











*いやー、夏場は更新が思うようにいきません。クーラーのないPC部屋の地獄ぶりといったら(汗)重ねて腱鞘炎も再発。今回は少し厄介でなかなか治まらないです。暫く作業もお休みしているのだけど、作りたい欲求はあっても我慢我慢。油断すると直ぐに再発するので大人しくしています(爆)少しずつ秋の気配を感じながらボチボチ更新していけたらよいなーと思っている所存ですw
[PR]
by harusfactory | 2012-09-07 11:53 | Painter

John R. Neill

c0225849_17485641.jpg

c0225849_17525528.jpg

c0225849_1753113.jpg

*“The Sea Fairies” by L. Frank Baum
 illustration:John R. Neill

[PR]
by harusfactory | 2012-08-13 17:54 | Painter

John R. Neill

c0225849_11422276.jpg

*“The Sea Fairies” by L. Frank Baum
 illustration:John R. Neill

[PR]
by harusfactory | 2012-08-12 11:43 | Painter

John R. Neill

c0225849_14334235.jpg

*“The Sea Fairies” by L. Frank Baum
 illustration:John R. Neill

[PR]
by harusfactory | 2012-08-11 14:35 | Painter