ひとつひとつ気持ちを籠めて拵えたビーズのアクセサリーをご紹介しています。


by harusfactory
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Ballets Russes

c0225849_15463587.jpg

*先日のバルビエ記事の中にも登場した、20世紀初頭の芸術家たちにも多大に影響を与え、今日のモダン・バレエの基礎を築いたといえるバレエ・リュス。リュスとはロシア人という意味で、ロシア革命で逃亡してきたダンサーたちが作ったバレエ団のことをバレエ・リュスと言ったそうです。そして、活躍したダンサー、或いは協力した芸術家たちが、とても豪華でこの時代の先端をいってた素晴らしい方々ばかりで目が眩みそうになります。

ダンサーではもはや伝説的な存在、アンナ・ハヴロワやニジンスキー、モダンと言えばのマシーンやバランシンなどもこのバレエ・リュスに関わってました。そして、ドビュッシー、シュトラウス、サティ、ラヴェル、ストラヴィンスキーなどらが音楽を、舞台や衣装に、マティス、ピカソ、ルオー、ローランサン、シャネル、ユトリロなどなど、、、夢のコラボレーションになってました。

その彼らの活躍をうかがい知れるドキュメンタリーがあります。
『 バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び 』 2005(アメリカ)118min
監督:ダン・ゲラー

c0225849_1625277.jpg


20世紀初頭のパリに始まり、一度は解散した伝説のバレエ団<バレエ・リュス>の再生の歴史を追うもの。20世紀のあらゆる芸術とエンターテインメントに影響を与えたバレエ・リュスの知られざる軌跡を、かつてのダンサーたちへのインタビューなどを交えながらひも解いていくドキュメンタリー。

この時代にバレエに情熱をかけるダンサーたちの熱い思いが素晴らしいです。バレエに魅了された人々の激動の歴史でもあるれけども 、インタビューで語る元団員の方々のキラキラした表情はとても素晴らしくて、バレエ・リュスに関われた事が人生において大きな財産になっていることに心撃たれます。サブタイトルの「踊る歓び、生きる歓び」とはマサシクです。

「報酬がなくてもひもじい思いをしても踊れるだけで幸せ」

と、そう語る老バレリーナの言葉に鳥肌がたちました。

そして20世紀初頭の貴重なフィルムが見れるのも素晴らしい。
DVDが出ているのでご興味ある方は必見☆
c0225849_1673575.jpg

[PR]
by harusfactory | 2011-01-29 16:15 | Movie